人気の酵素や乳酸菌によるダイエットや健康法で脚やせダイエットに良さそう!?との情報入手したので調べてみました。尚、情報の入手先は中学校のPTA関連、ご近所さん関連のアラフォー主婦の方たちです。結論から言うと酵素と乳酸菌で腸内環境を整えると良いという意見です。 121種類の酵素と乳酸菌によるダイエット方法ですが、綺麗に脚やせダイエットに成功したアラフォー主婦の評判はいかに!?

でぶ菌!やせ菌!121種類の酵素とスマート乳酸菌で脚やせ綺麗ダイエット

乳酸菌と腸内フローラ


腸内フローラ(intestinal flora)を直訳すると「腸のお花畑」です。

お花畑って、何それ?と感じるかもしれませんが腸内を顕微鏡で覗くとまさにお花畑にような様相であることから腸内フローラintestinal flora
)と名付けられました。

この腸内フローラというお花畑に生息しているのが腸内細菌です。


腸内細菌は

・正義の味方の善玉菌

悪魔の手先の悪玉菌(*1)

気分で変わる日和見菌


と、3種類あり、それぞれで働きも違います。


 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の働きと違い



善玉菌:免疫力向上

乳酸菌、酵母菌、納豆菌など

腸内全体の20%が理想的なバランス



悪玉菌:腸内活動を阻害

大腸菌、ブドウ球菌、有毒株の大腸菌など

腸内全体の10%が理想的なバランス




日和見菌:善玉菌と悪玉菌の優勢な方に加担

連鎖球菌、無毒株の大腸菌など

腸内全体の70%が理想的なバランス


 

(*1)悪魔の手先の悪玉菌は特攻部隊!?


まるで悪玉菌が諸悪の根源のような表現になってしまいましたが、赤痢菌やサルモネラ菌、コレラ菌が攻撃してきた時、特攻部隊として赤痢菌やサルモネラ菌、コレラ菌をやっつけてくれるのが悪玉菌です。


従って、悪玉菌がなくなれば良いということではなく、

善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割のバランス

理想的と言われる理由です。


 

腸内のお花畑で善玉菌も悪玉菌も共存共栄


乳酸菌と腸内フローラを考える上でバランスが大事なのは上記のとおりですが、では何故ダイエットに腸内フローラのバランスと乳酸菌が有効なのでしょう。

現時点で「そうであるかもしれない」と言われていることは

1、痩せている人と太っている人では腸内フローラの菌が異なる

2、太っている人の腸に、痩せている人の腸内フローラから菌を移植すると痩せた

つまり、腸内フローラと菌が肥満にも影響していると言えそうです。


 

腸内フローラを良い状態に保つために


腸内フローラを良い状態に保つためには乳酸菌や発酵食品(*2)を多く摂取することです。但し、腸内フローラ同様、何事もバランスですから過剰な乳酸菌の摂取がダイエットに即効性があると考えるのは健全ではありません。



乳酸菌や発酵食品を摂取するための食品


・ヨーグルト:種類が豊富、種類の相性は個人差があるかもしれません。

チーズ:馴染みのある発酵食品ですね。

納豆:日本古来の発酵食品、正義の味方!最強のバチルス菌です。

漬物:国内外を問わず漬物は発酵食品です。

味噌:日本伝統の発酵食品。






121種類の酵素と乳酸菌キャンペーンお得情報 今すぐ酵素と乳酸菌ダイエットのお得情報はこちら